社長メッセージ

人をつないで、
まちの医療を支える

株式会社アンビスホールディングス
代表取締役 CEO
柴原慶一

2014年5月、三重県名張市の有床病床を「医心館 名張」へ転換、医心館の第1号となりました。それから7年余、今日(2021年9月末現在)では全国各地に42施設、総定員数1,977名の「医心館」を運営するに至っています。

国により入院日数の短縮と在宅への復帰が推し進められているなか、退院した患者はどこへ行くのか、私たちはこのことに真正面から向き合ってきました。他の病院や介護施設では、残念ながらお断りされてしまうことが多かった、がん末期の方、人工呼吸器の装着や気管切開で呼吸管理が必要な方、そして神経変性疾患を患う方などを、医心館は積極的に受け入れてきました。そして、これまで担当されてきた主治医やケアマネージャーの継続を原則とするなど法人完結ではなく地域完結として、地域医療がよりうまく機能するためのサポーターであることを意識してきました。

引き続き、私たちは退院後の行き先にお困りの方々が大切な時間を少しでも幸せなかたちにできるよう、また地域医療の一翼となれるよう医心館を設け、より良く運営することを愚直に取り組んでいきたいと考えています。

同時にホスピス「医心館」という取組が、地方都市での地域医療の活性化、コロナ感染症対策で疲弊する医療関係者の疲弊軽減、地域間の医療格差の緩和といった医療課題解決の一助になれば幸いです。皆様のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

資料請求・
見学問い合わせ

施設やご入居等に関して、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらへ

  1. トップページ
  2. 医心館とは
  3. 社長メッセージ