医心館Media

医心館ナースストーリー Vol.1

2024.01.31

医心館ブログ
医心館ナースストーリー Vol.1

医心館に入社した看護師さんをご紹介する「医心館ナースストーリー」

第1回目は、医心館 宇都宮ⅡのK・Yさん(30)です。

 

医心館に転職を決めた理由

病院の急性期での勤務の中で、末期の方とゆっくり関わることがでないことに
不満がありました。

「このままでいいのか…」と漠然と自身の看護に不安を感じていたところに

「終末期を学べる」という医心館の求人票のフレーズを見て、挑戦してみたいと思い、医心館への転職を決めました。

入社してからのギャップ

施設での勤務が初めてで、持っていたイメージは「特養のイメージ」しか
なかったんです。

入社してみると、医心館は医療行為レベルが病院と同じで「スキルがおちる」という心配もなく、スキルに関して、モチベーションを保って働くことができるという点が感じたギャップです。

これまでの経験で活かせたこと

病院時代に、消化器外科でストマやドレーンの管理を経験していたので、
医心館でも戸惑うことなく、対応ができています。

入居者とのエピソード

ALSの方が、徐々に嚥下機能が落ちてきていて、ゼリー状の食事しかとれなくなっている状態の中、その方から、「窒息してもいいから、おせんべいが食べたい!」と、強い希望があったんです。

主治医、家族と相談し、咀嚼は可能なので、おせんべいを歯で噛み砕いて小さな塊になったら、すぐには飲み込まずに、なめて柔らかくしてから飲み込んで
もらうようにしました。

看護師が見守る中、しょうゆ味のおせんべいを「バリっ」と噛み砕いた後
ずっと味がなくなるまで
なめて柔らかくしていましたが、結局むせてしまい
飲み込めませんでした。

それでも、その方は、「やっぱり飲め込めないね。でも醤油の味がものすごく
美味しかった」と満足した様子で、それ以降「窒息してもいいから~」と
希望されることはなくなりました。

主治医、ご家族、スタッフみんなで入居者の想いを叶えられえた、と感じた
出来事でした。

これからのキャリア(やってみたいこと)

感染症対策が必須で、難しいかもしれませんが、入居者のお誕生日会や、
銀婚式などのイベントを、
ささやかな形でもいいので、やってみたいです。

医心館に転職を考えている方へのメッセージ

病院しか経験のない方は、施設に転職することに勇気が必要になるかも
しれませんが、
看護師の働く場所は、病院だけではない!ということを、
医心館に転職して痛感しています。
病院で培ったスキルは落ちないし、逆に視野が広がり、ゆっくり看護ができる
医心館は、
急性期に疲れた看護師さんにはおススメです。

一覧に戻る

同じカテゴリーの記事

採用情報

看護師、介護職、サービス提供責任者、地域連携部員、看護管理者、事務職、調理補助・清掃スタッフ…

大切な時間を穏やかに過ごしていただくための、安らぎの療養の場、医心館。私たちと一緒に医療依存度が高い方の暮らしをお支えする仲間を募集しています。

医心館 採用サイトを見る

LINE お気軽にお問い合わせ・ご相談を!

資料請求・
見学問い合わせ

施設やご入居等に関して、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらへ

  1. トップページ
  2. 医心館media
  3. 医心館ナースストーリー Vol.1